第48回 ちょっと変わった「うまいもの」~ヤギとタマゴ~

第48回 ちょっと変わった「うまいもの」~ヤギとタマゴ~

 特にゲテモノが好きというわけではないが、私は嫌いな食べ物やアレルギーはないので出かけたり旅に行ったりすると、その地のものはなんでも食べてしまうが、今思い出してもめまいがするような体験をした食べ物が沖縄のヤギ汁なのである。30年近く前のことだろうか、現地の方に案内され、沖縄那覇市の近郊のヤギ料理屋でそれを食したのである。

 

 ヤギ汁は地元ではヒージャー汁とよばれヤギの肉と野菜が少し、そして臭い消しのためのヨモギかはいっていた。沖縄はブタ料理のほかにヤギ料理が有名で滋養強壮には特にいいというのでぜひ食べてみたかったのだ。

 

 鍋がふつふつと煮立ってくるとあたり一面に異様なにおいが漂ってきた。あまり掃除がされていない獣舎のケモノ臭というか、安スナックで出された陰干しを繰り返した据えた臭いが移りそうなおしぼりというか、ラーメン屋の列に並んだ時の前にいる小太りの中年男の汗でべったりと染み付いたわきの下から臭ってくる刺激臭か、それらを凌駕するのではないかというくらいの強烈な臭気である。

 

 これを食べるのかと思うと一瞬身震いをしたが、椀によそってもらい顔を近づけたら、思わず鼻がその臭いを避けて曲がってしまったのでないかと思うほどであった。ヤギの肉を口に入れる、咀嚼する、飲み込む、それを機械的に繰り返す、食べ物は残さないという自分の信念もあるので、ほとんど連れと口も利かず何とも言えない変な汗をかきながらなんとか平らげることができた。

 

 ヤギ刺しは好物で今でもたまに食べる時があるが、その肉は煮ると全くの別物という位の強烈な食物と化してしまので、なにか特別に恨みがある相手におためごかしに送って食べさせたら、ショックで寝込んでしまい合法的な仕返しができるのではという考えが頭をよぎってしまった。

 

 その後は食べたことがないが、ヤギ汁は店によっても味がいろいろあるらしく、もっと食べやすい店も今ではあるそうで、私が当時行った店はもしかすると「通の店」あるいは「上級者の店」なのかもしれないと今は思ってしまうのである。

 

 その他に、小笠原の海亀の刺身や南三陸の白魚の踊り食いなどは当地でないとなかなか味わえないものだし、筍の刺身なども掘りたてのものを当日中に食べるというのも、竹林を持っている親族がいたからこそと感謝している。

 

 海外では見た目がとんでもなくグロテスクな食べ物にベトナムの「ホビロン」、フィリピンでは「バロット」とよばれる卵料理?を何度も食べたことがある。これはおそらく暗いところで食べれば、ほとんどの人がうまいと言うはずだが、白日にさらされた場所で食べようとすると、9割方の人はウェッとなるかもしれない。

 

 最初に食べたのはベトナムのホーチミンのベンタン市場で、ガイドに「日本人はまずタベナイネ~」と言われたので挑戦したのだ。これはアヒルの有精卵を孵化直前に茹でて食べるのだが、殻を割って開けるとぬるりとした幼鳥の肌に血管が浮き出て、くちばしや頭も形がほぼできておりまじまじと見れば見るほど食欲がなくなってしまう。そこでちらりと割れた卵から覗く汁だくの箇所に塩を少しかけ、最初にスープをすすりスプーンで中身を取り出しながらいただくのである。もちろん汁を飲んだ後に全部殻をむいてゆで卵のようにむしゃむしゃと食べても慣れると結構うまいのである。

 

 バロットは18日目が一番うまいといわれるが、数日経過したのだとくちばしが少し硬かったり、羽根が生えているのを食べてしまうと、歯のすき間に挟まったりするので要注意である。私は今ではフィリピンに行くと2個くらいは食べるが、これもヤギと同様に滋養強壮に良いというので、あまり食べすぎると大変なことになるのでそのくらいでやめておくようにしている。

 

 以前にフィリピンに行く機会が多かった時には、同行した社員にあまり前知識を教授しないでバロットにトライすること必ず進めるのだが、なるべくあまり明るくないところで試食させるようにしていた。どうしても食いたくないといった社員には私は目の前で食べながら、なかば恫喝的に食べてもらったことがあったが、彼の片方の目から涙が出ていたのを見て「いつもは仕事に果敢にチャレンジする社員なのに、こういうものは苦手なのだなあ」と妙に思ったものだ。ただ今の時代ではそんなことをしたら、きっと「パワハラ」として当局に駆け込まれるかもしれないので、このブログを見た方はくれぐれも部下には強要しないようにしてほしい。

 

 その他に、韓国の生蛸、台湾の臭豆腐、中国のサソリのから揚げやにわとりのトサカや足も食したが、ヤギ汁がやはり今まで味わった食べ物のある意味での別格のチャンピオンではあるので、諸兄は一生に一度は試されたい。

お問い合わせ

TEL:022-281-9751

FAX:022-281-9753

若手社員の成長を記録し贈呈DVDを制作、愛社精神を芽生えさせるきっかけ作りをご提案。

海外拠点へ管理者や幹部候補となる人物を紹介致します。

外国人技能実習制度を利用することにより、若く元気な人財をご提案致します。

優秀な外国人人材で企業に新たな可能性を、ITや語学専門分野で輝きます。