特定技能

在留資格 特定技能とは?

  • 中小企業の深刻な人手不足から就労を目的とした在留資格の創設
  • 求める技能水準は受け入れ業種ごとに定める
  • 日本語能力水準についても業務上必要水準を業種ごとに定める
  • 外国人材の相談対応、日本語習得支援、生活支援などは受入企業または登録支援機関が行う
  • 在留期間の上限は通算5年、家族帯同は基本的に認めない。(しかし、高い専門性を有すると認められた場合在留期間の上限はなし)
  • ・家族帯同も認める在留資格への移行措置を検討。
  • 原則として直接雇用

技能実習制度との違い

技能実習制度の目的・趣旨は、開発途上国への日本の技能・技術・知識を移転し経済発展を担う人づくりという「国際協力の推進」が大前提。技能実習制度は労働力の需給調整の手段ではありません。

特定技能は外国人労働者のための在留資格。労働力不足・人材不足を補うための在留資格。技能実習制度で認められていない外食業(接客・配膳も含む)なども認められている。


特定技能1号と2号の比較

  特定技能 1号 特定技能 2号
学歴要件 無し

無し

実務経験 不要

不要

日本語要件 ある程度

未定

在留期間 最長5年(更新不可) 制限なし(更新可)
単純労働 可能 可能
家族帯同 不可 可能

対象職種:14種

介護 建設業 農業 漁業 飲食料品製造業 外食業 宿泊業

ビルクリーニング 自動車整備業 航空業 造船舶用工業 電子電気機器関連産業

産業機械製造業 素形材産業   

特定技能1号 資格取得の要件

技能評価試験

業種ごとの技能評価試験に合格することで特定技能在留資格の取得が可能。日本語の試験も予定。

技能実習からの移行

技能実習2号(2〜3年目)を修了していることで、技能評価試験を免除し取得可能。

技能実習2号期間中の専門級試験などの合否は問われない。

 

 

お問い合わせ

TEL:022-281-9751

FAX:022-281-9753

若手社員の成長を記録し贈呈DVDを制作、愛社精神を芽生えさせるきっかけ作りをご提案。

海外拠点へ管理者や幹部候補となる人物を紹介致します。

外国人技能実習制度を利用することにより、若く元気な人財をご提案致します。

優秀な外国人人材で企業に新たな可能性を、ITや語学専門分野で輝きます。